岡江真一郎(おかえしんいちろう)
映像作家/アニメーション作家/音楽家

アニメーションや映像と音楽を制作し、映像作品での発表や、それらを組み合わせたライブパフォーマンスでの発表などを行なっている。日常の中の些細な事柄や違和感、非日常をテーマとした作品制作のほか、教育番組内コンテンツやミュージック・ビデオ制作などその他幅広く活動している。
Eテレ「シャキーン!」内コーナー「ちりちりちられ」「デルクイデルクイ」「めくれる街角」「にせ〜擬態のテーマ〜」他やテレビ東京系列シナぷしゅソング「雨とココナッツ」の制作。「あいちトリエンナーレ2019」団体鑑賞プログラムビデオ作品「さくひんのミカタ?」は第24回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品に選出される。その他、堂島孝平「頬」などのミュージック・ビデオ制作やNHK時代劇「ちかえもん」の劇中アニメーションを担当。

1985年鹿児島県生まれ
武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業
東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了

VIDEOS
SCHEDULE